ニュースリリース

2011年2月12日

小上がり

リビングの横に和室ではなく、小上がりのある洋室を作りました。

o0349026211039032669
ちょっと横になってくつろいだり、腰掛けて話をしたり出来ます。

表面の焼けて変色のしない合成繊維のたたみもありますが、

今回の畳表は、イグサですので、いい香りがします。

中には、中央に掘りコタツにされる方もいらっしいます。

o0349026211039032961
小上がりの下は、引き出し式の収納になっています。

たっぷり、収納できそうです。

o0349026211039032667
小上がりの部屋は、普段は開けっ放しにした開放的な使い方をされて、

何方かお泊りにこられた時には、畳にお布団を敷いたり、また、お子様が

小さいうちは遊び部屋にしておいて、不意のお客様がこられた時など、

さっと閉めて使えたりなど重宝されるかもしれません。

写真では分かりづらいのですが、天井が2.6mあり、建具も2.4m近く

あるので,開けた状態だとリビングと一室に見えます。

o0349026211039032671
間仕切り建具で閉めた状態。

建具の色は、リビングの建具の色に合わせたダーク色ですが、

枠は、開放した時、枠が邪魔にならないホワイト色でした。

建具を最近はアルミの枠にアクリルのパネルをはめ込んだタイプも

出てきています。

o0262034911039032668
建具の枠は、光など漏れづらくなるよう、少し掘り込みがあります。

o0262034911039032670
閉めた状態。

ぴったり収まりました。

我が家でも、リビングの横に4畳くらいの畳の部屋がありますが、

子供などは、小さい時などは建具を閉めて隠れるようにして遊んだり

していました。

ちょっと見えない閉ざされた空間は意外と面白いのかもしれません。