ニュースリリース

2011年1月17日

阪神淡路大震災から16年

今年で、阪神淡路大震災から16年経ちました。

札幌から震災後転勤で地震の被害の大きかった

神戸の東灘区に移り住んだ友人の話でも、周りでも

被災されなかった人はおらず、心も街も傷を負った

ままではと聞いております。

また、当時の様子をテレビで見たり、

震災にあわれた方々のお話を聞きますが、

本当に大変な災害でした。

多くの人が、心に傷を負って生活している様子を見ると、

建築に携わるものにとっては、安全な住まいを今後も

作らなければと肝に命じて行かなければなりません。

当時兵庫の知人の家では、リビングのピアノや家具が玄関まで

走って溜まり、しばらく家から出れなかった話を思い出すと、

揺れの幅の少ない頑丈な家が一番安心なのかもしれません。

特に札幌においては、現在のような大雪が屋根に積もった状態での

地震も考えられます。

今後も本当に人の命を守れる安心で安全な住宅を造り、

少しでも皆様に貢献出来れば幸いです。

最後に、被災に合われた皆様に、心よりお見舞い申し上げ

ご自愛のほどお祈りいたします。