建築写真日誌

2011年1月7日

電気工事 パート1

電気のスイッチやコンセントなどを取り付けました。

o0349026210946038082
照明器具を取り付けられています。

メイン照明のほか、ダウンライト、吊り下げ照明がリビングダイニング周りに

取り付けられています。

o0262034910946034111
照明のスイッチ。

まだ、工事の保護用のシールが張っています。

スイッチがプレートと同じくらい大きいので、押しやすく、

暗い中でも、分かるランプが付いています。

玄関や廊下、階段など通過するような場所は、

つまずき防止や消し忘れ防止の為、

人感センサーを付けられる方も多いです。

センサーは、単独のもののほか照明器具に組み込まれたものや、

スイッチやコンセントにも組み込めるものもあります。

o0349026210946034107
コンセントプレート。

リビングのテレビが付く位置に取り付けられた箇所です。

TV、CS(有料衛星放送用、今はスカイパーフェクト放送対応)

LAN(パソコン)、電話配管なども取り付けられています。

スカパーをご覧なられたい方は、有料テレビなど管理されるため、

チューナーのそばに電話配管が必要です。

TV配線は、UVとBSがミキシングして入ってきていますので、

両方楽しめます。

o0262034910946031770
パソコンのインターネットやメールなど各部屋でするための

LAN配線のルーター取り付け予定位置の様子。

外から入ってきたインターネット回線をルーターで受けて、

各部屋に分配していきます。

物入れの上部の棚の上に設置の計画で、普段、機器や配線が

隠れるようにする予定です。

t02200293_0262034910946031773
エアコン用コンセント。

コンクリート住宅は、冬暖かく夏涼しいのですが、

最近は、札幌でも職場や車もエアコンを利用する機会が多く、

また、家電量販店で、かなり安く販売しているので、

取り付けられる方も増えてきています。

昨年の札幌は、本州ほどではないですが、

暑かったせいか、新築時取り付けられる方も多かったです。

後でも、エアコンは取り付けられますが、コンセントを

あらかじめ、壁の上部に無いと、電気配線が丸見えになって

しまいますので、取り付けたい部屋にエアコン用電源を出しておきます。

弊社では、リビングは、標準仕様でエアコン電源は取り付けています。

エアコンのダクトの孔は、以前は電源のそばに開けていたのですが、

メーカーや機種によって位置がばらばらな為、その孔が使えない事が多く、

機種決定後に開けてもらっています。

ただ、後で穴あけする場合は、構造上、大切な鉄筋の主筋を切らないよう

気をつけなければなりません。

一番安心なのは、エアコンを新築時に取り付けたい場合は、

コンクリート打設前に、機種を決めて、それに合わせた位置に、

孔が付くように、弊社で躯体工事を行なっておく事です。

結構、家電量販店でも、エアコンを何ヶ月か取り置きして

おいてくれたり、工事費もその時の値段にしておいてくれたりなど、

対応してくれてるようですので、バーゲン期間に購入しておくのも、

ひとつの手かもしれません。

また、何年か後で取り付けたい場合で、穴あけなどご心配な場合は、

弊社にご相談していただければ幸いです。

t02200293_0262034910946031769
アース付きコンセント。

アースつき家電の電子レンジや洗濯機など取り付け予定部分に

取り付けます。

万が一の漏電による感電による破損防止の為です。

今は、家電そのものに漏電対策がされているものも出てきています。

トイレの洗浄便座(ウォシュレットなど)もアースつきコンセントです。

o0349026210946034108
天井に取り付けられた家庭用火災報知器。

新築時は、完了検査時までに設置しなければなりません。

たしか、今年6月までに既存住宅も、設置義務化です。

寝室と階段に設置しなければなりませんが、

札幌市は、台所にも取り付けの条例があります。

台所は、熱感知式で、寝室などは煙感知式です。

高価なもので写真のフイルムケースくらいの小型のものもありますが、

上部の写真のような形状のものが一般的です。

電池は10年間タイプのものが多いようです。

ためしに鳴らすと、めざまし時計と比較にならないほど、ものすごい音がします。

夜中、火災があった場合は本当に効果がありそうです。

後日の電気工事パート2へ続きます。