建築写真日誌

2010年12月8日

軽量鉄骨下地

コンクリート住宅内部の間仕切り壁は、

すべてコンクリートと言うわけではありません。

構造上、コンクリート壁も入ることもありますが、

構造に関係の無い間仕切壁は、

将来、家族構成など間取りを変えたいときなどもありますので、

壊しやすい、木や軽量鉄骨にて下地を作ります。

o0308023110882706916
今回の現場は、木ではなく軽量鉄骨で行なっています。

o0308023110882707633
軽量鉄骨はLGS、軽量下地ともいいます。

間仕切壁の下地になる柱をスタッドと言います。

6.5cmの幅の柱を使用しました。

o0308023110882706921

o0308023110882706914
天井と床にランナーと言われるU字型の溝に、柱(スタッド)を立てます。

ランナーと言うのは、滑らせる溝と言う意味もあります。

o0308023110882707632
スタッドには、振れ止めが付けられるように穴があけられています。

o0308023110882706920
天井も、張るボードの寸法に合わせて、天井下地を組みます。

コンクリートから吊り下げたボルトの下ににハンガーを付けて、

下地を受けます。

t02200293_0231030810882707666
最近の間仕切りは軽量下地がほとんどです。

木の間仕切りと比べ、

軽量鉄骨は狂いが少なく、工期も早いです。

ただ、木でおこなうと、コンクリート住宅の中に、

木造住宅がすっぽり入っているような感じで、

気分的に木に囲まれている感じを好まれる場合もあります。

ご年配の方などで、コンクリートに囲まれている建物は、

体に悪いと、気分的に思われる方もいらっしゃいますので、

その場合、木で行なう事もあります。

ここ数年はそのような話もありませんが。

まあ、本当に、体に悪ければ、老人ホームや病院や学校やマンションの

ほとんどが、コンクリート造ですので、禁止になっているはずです。

確かに家中すべて、コンクリートの壁むき出しの壁や天井に、

囲まれていれば精神的に悪い感じはあるかもしれませんが、

普通は、そのままと言うこともありません。

また、弊社は、床などは木の下地の木のフロア材ですし、

木のやわらかな感じが欲しい方は、どちらかと言えば、

下地で木を使うより、内装の壁や天井に木を張ったりしている方が多いです。

弊社は賃貸マンションや建売コンクリート住宅と違い、コンクリートに直接、

壁を張っているわけではないので、それらの建物と違い内装は自由性が

あります。

ご主人が、コンクリートの構造や外観がお好きで、奥様が和風住宅や

輸入住宅がお好きで、意見の違うご夫婦もいらっしゃる場合は、

両方取り入れられて、外観コンクリートで、内装は、和風、輸入住宅風の

家にされている方も、結構いらっしゃいます。