建築写真日誌

2010年10月29日

養生中~賃貸か持ち家か、そしてダルビッシュ

現在、養生中です。

o0384028810828206347
よく住まいを、賃貸か持ち家がどちらが特かと話が出てきます。

賃貸は、一般的に毎月の住居費負担が少ないので、良いともいわれています。

特に、子供の教育費などお金のかかる時に、

家計の支出の住宅費の軽減が出来るメリットがあります。

ただ、賃貸は住居面積が小さかったり(部屋が狭い)、お子様が個室が

必要な時期など部屋数が多くなると、それなりの家賃がかかったりします。

また、一生、家賃を払い続けなければならない部分があり、

トータル的にどうかと言う部分はあります。

また、定職があるうちは、賃貸は部屋を貸してもらえやすいですが、

リタイヤ後などは、移り住む場合など、なかなか、貸してもらいづらい部分もあります。

o0389029210822926779
持ち家は、住居負担が大きい時期があります。

お子様の教育資金でお金のかかる時期と住宅ローンが、かさなる時期などです。

メリットとすると、戸建住宅であれば、

自分たちの好みや希望を取り入れた住まいが出来る事です。

趣味のオーディオルームやピアノ室を造りたいとか、

料理が好きなので、広いキッチンスペースを造るとか、

読書用スペースやガーデンライフやガレージライフなどなど。

また、子育てに適した住まい、勉強しやすい家づくりなども可能になります。

お金に換えがたい愛着のある住まいが出来る部分もあります。

o0292038910828281143
賃貸にしても「家賃の支払い」の住宅費の負担があることには変わりありません。

また、持ち家であれば、住宅費の負担が、税金や修繕費などはありますが、

住宅ローンなど支払いが終わってしまえば、毎月の支払いは無く

賃貸と比べ出費はかなり少なく、老後の生活資金の負担が減ります。

年金支給額が、今後減っていくほうへ進みそうなので、老後の住宅費への不安は少なくなります。

o0292038910828206349
コンクリートの住宅であれば、木造住宅と比べやや住宅取得費用は

かかりますが、ローンの支払い後やリタイヤ後は

木造住宅のようにサイディング張替えなどの維持メンテナンス費用も少なく、

建て替えや大規模修繕へのリスクはかなり少なくなります。

また、マンションのように、入居されている人たちの議決によって、

急に修繕費を出さなければならなる事もあって、

自分でお金をコントロール出来ないかもしれません。

(上下階にどんな人が住むかもわからない怖さもありますが)

その点、コンクリート住宅は、修繕費がかからないわけではありませんが、

この時期にしたほうが良い工事はわかりますので、

ある程度、自分たちでお金をコントロールできる安心感があります。

持ち家を資産と見るか見ないかは別にして、

どうしてもお金が必要な時に、持ち家があれば

リーバースモーゲージを使って高齢者でも家を担保に、

お金を借りられる場合が在ります。

(リバースモーゲージとは、家を担保にしてお金を借り、

毎月の返済は必要なく、家が必要でなくなった時

(お亡くなりなった時)に、遺産や家を処分した費用で

返済費用に当てるものです。

注)賃貸と比べて資金化することが出来るなどの比較をしているだけなので、

薦めているわけではありません。(どうか誤解されませんように))

人生は予定どうり進むわけではありませんが、

お金の面で見ると、賃貸は、収入のあるうち得ですが、老後は少し不安。

好みの生活が少ししずらい点もあるかもしれません。

(貯金や退職金もとにして、家を建ててるユーザー様も多いです。)

持ち家は、教育資金がかかる時期は少し苦しいが、老後は少し得。

自分たちの好みの生活がしやすい。

と言ったところでしょうか。

o0389029210828206348
私事ですが、子供が小学校に入る前まで、賃貸アパートに住んでましたが、

どうしても、元気良く動き回ってしまうので、

下の人に迷惑がかけてしまう経験をしました。

もう子供も上の子が来年高校とまで成長し、ローンを支払いながら、

教育費が毎年増えていく時期になっていますが、

やはり、一戸建てならではですが、皆で野菜を育てたり、

バルコニーで食事したり、男の子だったもので、

仮面ライダーや戦隊ヒーローごっこで騒いだりしたりして、

良い思い出がたくさん出来たと思っています。

個人的には、どちらかと言うと持ち家派です。

また、ボールの壁あてが出来るのは

コンクリート住宅ならではかもしれません。

今のところ、壁あてで家を壊した話は聞きませんが、

我が家ではコントロールが悪く、網戸を2回壊されましたので、

修理費や補修費は少し考えておいた方が良いかもしれません(笑)。

野球やサッカー好きな子がいっらしゃる家庭や

ダルビッシュのような選手を育てたいお父さんは、

新築の際はご一考を。

まだ、現場は養生期間が続きます。