建築写真日誌

2010年10月15日

2階壁、屋根スラブ(床)のコンクリート打設工事(2)

引き続き、2階壁、屋根スラブ(床)、外階段部分のコンクリート打設工事の様子です。

o0389029210802251105
2階の壁面部分を連続してコンクリートを流し込んでゆきます。

o0389029210802251106
振動機(バイブレーター)をかけながら、コンクリートを打設して、型枠内に満遍なく行き渡らせます。

o0389029210802251109
壁の型枠は、バイブレーター以外にハンマーなどで叩いてコンクリートを均一にしてゆきます。

室内側にも作業員がいて両側から叩いてゆきます。

o0389029210802251110
バイブレータも2人でかけていきます。

あんまりかけすぎるとコンクリートが分離してしまいますので、注意しなければなりません。

o0389029210802251768
一周して、最初打設した壁面に戻ってきました。

o0389029210802251767
外階段の踊り場部分を打設してゆきます。

o0389029210802251769
屋根部分に所定の厚さになるように、コンクリートを流し込んでゆきます。

金コテやトンボを使ってコンクリートを均してゆきます。

o0389029210802251771
ちなみに、屋根の仕上げは弊社では安全性を考えて、コンクリートの上にアスファルト系のシートを張る防水の仕上げとなります。

o0389029210802251772
屋根部分のコンクリートスラブ部分もコンクリートを流し終わり、左官で綺麗に仕上げされました。

無事、2階壁、屋根床、外階段のコンクリート打設工事が終わりました。

しばらく、コンクリートの養生期間を取り、その後コンクリート手摺部分の工事となります