ニュースリリース

2010年10月1日

1階壁、2階床のコンクリート工事(2)

パート1の続きです。

o0389029210775209439
コンクリートはコンクリートミキサー車からポンプ車で汲み上げて打設します。

o0389029210775209441
生コン打設開始です。

振動機を使って、満遍なく行き渡るよう流し込んで行きます。

コンクリートの品質と同じく施工は、建物の性能に関わる重要な部分ですので、大切な作業です。

o0292038910775209440
壁の下部では、ハンマーなどを使って叩き、隅々まで行き渡らせます。

建物の中にも、叩く作業の方がいて両側から行ないます。

o0389029210775209443

上部では、現場責任者とコンクリートを打設する人一人、振動機を使った作業する二人のほかに、流し込んだコンクリートを均す左官作業をする人が二人います。

o0384028810775209444

壁部分を流し終わると、床部分を打設し、表面を均します。

o0288038410775210071

無事、コンクリート打設工事終了しました。

o0288038410775210072
この後、養生期間となります。