Home>維持

特長

Line

※上記項目をクリックしていただくとそれぞれの特長が分かります

【維 持】

木質の外壁はもとより、サイディングも耐用年数があります。
数十年後には外壁の張替えなど、建築当初では見えにくい維持費が必要となります。
コンクリート住宅の仕上げは木造住宅と違いサイディング等を使用せず、塗装材を使用しておりますので将来的に張替えなどの維持メンテナンス費が約1/3と安くすみます。
また、耐用年数が木造と比べ倍以上もちますので、20年~30年で建て替えや大規模修繕など多額の費用が将来的にかかる心配がありません。

画像

木造住宅などに比べ、ローンの返済後や、リタイヤ後などに、維持費が安く済み、
建て替え、大規模修繕など住宅費への負担の心配が少なくてすみます。

【保証・アフターサービス】

Line

新築住宅において10年間構造躯体、防水保証を行っています。
また、住宅瑕疵担保責任保険にも加入しています。

お引き渡し後、1年目、2年目において、現場担当者による定期点検を行っています。
そのあと、3年目以降からはアフターサービス、リフォームの専門部署による、点検を無料で行っています。
詳しくは、弊社までお問い合わせを。

鉄筋コンクリート住宅は、頑丈ですので、木造住宅のように毎年の積雪で、すがもりやドアが開きずらくなるなどのトラブルがありません。
また、屋根もコンクリートの上に防水シートを張って保護しておりますので、建売などで多い、コンクリートに防水剤だけ塗ったむき出しコンクリートの仕上げと比べ、構造的なダメージや屋根からの漏水の心配も将来的にも少ないです。

頑丈な鉄筋コンクリート住宅ですので、構造的なトラブルが少ない建物です。